アキバを最大限活用するためのFirefoxプラグイン6つ



 ?平成以前の女性史
明治生まれ・大正生まれ(大正世代)の女性は大日本帝国時代の家制度の下、団塊の世代が誕生した第一次ベビーブームまで多産であり、平均子供数は4人 - 6人の多産であった。戦後になって多産多死から少産少死になる人口転換が起きて、過剰となった日本の総人口を抑制するために優生保護法が成立して人工妊娠中絶が合法化されたことと、高等学校(高校全入化)・大学(大学の大衆化)などの高等教育の進学率が上昇する高学歴化(学歴社会が成立したこと)によって子供にかける塾や私立学校などに支払う教育費が増大したことを背景にして、新人類世代が誕生した昭和30年代には平均子供数が2人になり、平凡なライフスタイルとして一般的に男性がサラリーマンに、一般的な女性が専業主婦になる社会が成立した。
その後、1972年(昭和47年)に勤労婦人福祉法が成立した。同法が発展的に改正されて、1986年(昭和61年)に男女雇用機会均等法が成立した。以上の法律による女性差別撤廃によって、昭和60年代には女性の社会進出が起こり始めた。

?女性と結婚と子どもの問題
新人類世代において、女性の社会進出と非婚化、若年男性の経済的貧困化が進んだことが理由で、出生率は1.5人以下の過去最低を更新し続けた。団塊ジュニア世代以降は、専業主婦志向が強まりだすが、不景気の中で専業主婦になることは非常に難しく、男性も専業主婦の妻を抱えることは歓迎せず、なりたくてもなれないという現実に直面している。2006年(平成18年)以降出生率は増加に転じたが、若年の女性の人口が減っているために出生数はあまり増えていない。
少子化特命担当大臣が設置される。
厚生労働省の2011年(平成23年)の人口動態統計(概数)の発表では、第1子出産時の母親の平均年齢は30.1歳と、初めて初産年齢が30歳を超えた。
結婚の時期が20代から30代と長期に亘って分散する傾向になり、適齢期という概念は薄くなった。
2000年(平成12年)にはミレニアム結婚(ミレニアム婚)が増加し、同年生まれの赤ちゃんを指すミレニアムベビー(濱田龍臣など)と翌2001年(平成13年)生まれの赤ちゃんを指す新世紀ベビー(敬宮愛子内親王など)が注目を集めたことから、20世紀と21世紀の境界であるこの2年間に小規模な結婚ブームとベビーブームが起きた。
総務省の国際結婚の統計では、日本人男性と中国人女性の国際結婚(婚姻数は約7000件?約13000件)と、日本人男性と韓国人女性の国際結婚(婚姻数は約5000件?約8000件)と、日本人男性とフィリピン人女性の国際結婚(婚姻数は約7000件?約13000件)など主にアジア人女性と日本人男性との国際結婚が急増して、2006年(平成18年)にはピークに達する。同年誕生した日本の新生児(約110万人)の内、片親が外国国籍の子供である混血(ハーフの日本人)は約3.2%を占めた。ただし、2007年(平成19年)以降は国際結婚は減少に転じている。
欧米を中心とする外国人男性と日本人女性との国際結婚の破綻(国際離婚)が急増し、子の日本への連れ去りが国際問題化。子供の親権を定義するハーグ条約の加盟が欧米諸国から要求されるようになった。土井たか子を中心とするフェミニズム系の女性議員によって国籍法が改正されて、国際結婚で誕生した子供は父親が日本人で母親が外国人のみ日本国籍とする男系による国籍選択から外国人男性と日本人女性の間に誕生した女系の日本人となる子供も日本国籍にすることを可能にしたため二重国籍の問題が誕生した。
2007年(平成19年)1月18日に菅直人元代表代行が「愛知や東京は生産性は高いが、子どもを産む生産性が低い」、同年1月27日に柳澤伯夫元厚生労働大臣が「女性は子供を産む機械」と、女性を出産マシーンに例える発言があった。
2006年(平成18年)に熊本県熊本市の慈恵病院が「こうのとりのゆりかご」と呼ばれる赤ちゃんポストを設置して賛否をめぐる議論となった。
自民党が政権の時に幼保一元化政策として、認定こども園に関する法律が施行された。
民主党が政権の時に幼保一体化政策としてのこども園構想が具体化されて実施へと移る動きが出てくる。
2010年(平成22年度)に子供手当法が施行され、児童手当から子ども手当へと変更された。しかし、2011年(平成23年)はつなぎ法案の平成二十三年度における子ども手当の支給等に関する特別措置法で子ども手当は存続したが、2012年(平成24年度)から再び「児童手当」と云う名称となった。
1980年(昭和55年)に男性が2.6%(32年後に+17.5%)で、女性4.5%が(32年後に+6.1%)だった生涯未婚率が、2012年(平成24年)には、50歳時点で一度も結婚したことがない生涯未婚の人の統計の生涯未婚率が、男性で20.1%、女性で10.6%に上った。年代別では25歳?29歳の男性の未婚率が71.8%で、25歳?29歳の女性の未婚率が60.3%で、30歳?34歳の男性の未婚率が47.3%で、30歳?34歳の女性の未婚率が34.5%で、35歳?39歳の男性の未婚率が35.6%で、35歳?39歳の女性の未婚率が23.1%に上った。

?フェミニストが唱えた思想

以下に記述するのは、特に平成期に入ってから広まったフェミニズムに関する思想であるが、以前から存在した思想も含まれる。
女性大臣や女性知事が土俵で優勝力士を表彰できるように大相撲の女人禁制を問題化する思想。
ブルマーを廃止する思想。
男女混合名簿を導入する思想。
性教育を推進させる。
大学進学率を上昇させるなどの高学歴化によって女性教育を推進させる。
女性学の研究と女性学教育を推進させる。
女性史の研究と女性史教育を推進させる。
男女の色区別を見直す思想。
男女の出席番号順を統一する思想。
女らしさと男らしさを見直す思想。
看護婦と看護士が看護師など男女別で区分されていた職業の呼び名が統一される。
男女共同参画基本法を制定する。
選択的夫婦別姓制度を導入する運動。
婚外子(非嫡出子)の遺産相続差別の解消。
性同一性障害を性同一性障害者特例法の成立と施行によって法的に承認する。
女性センターなどの女性のための施設を建設する。
ジェンダーフリー思想の啓発をする。
結婚可能年齢を男女同一となる男性と同じ18歳からにしたり、女性の再婚禁止期間を短縮したりすることを目指す運動。
厚生労働省による経口避妊薬(ピル)の医療承認。
女性政治家と女性の管理職を増加させる活動をする。
女性の育休・産休・保育園・子育て支援制度の確立運動。
男性の育休・保育園・子育て支援制度の確立運動。
男女別の技術科・家庭科 共に必修化(なお、昭和時代にも家庭科は男女必修だった時期がある)。

?実現した女性運動
1999年(平成11年)に児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律が成立。
2001年(平成13年)に配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律が成立。

?男女雇用機会均等法による社会進出と結婚

1986年(昭和61年)4月に施行された男女雇用機会均等法の影響により、女性の社会進出が徐々に一般化し平成時代には以下のような変化が起きてきた。
女子アナウンサーを代表例に成人女性を女子とする概念に変化して、30代になってもおばさんと思わない女性の精神年齢の若返りが起きた。
女性の社会進出に伴い、30代男女の未婚率が急上昇した。
主婦の主婦活が盛んとなり主婦の就職支援をする必要性が高まった。
第2次安倍内閣が女性が輝く社会を目指すため有村治子が就任した女性活躍相を創設した。

?男女平等と伝統・文化の問題
皇室問題では、GHQの占領政策で1947年(昭和22年)に旧皇族11宮家(伏見宮家・閑院宮家・久邇宮家・山階宮家・北白川宮家・梨本宮家・賀陽宮家・東伏見宮家・朝香宮家・竹田宮家・東久邇宮家)が皇籍を離脱して皇位継承者が減少したことと、平成期に秩父宮家と高松宮家が無子で断絶して、常陸宮家も無子であり、桂宮宜仁親王も未婚であり、東宮(皇太子徳仁親王)家と三笠宮(寛仁親王)家と高円宮家が内親王と女王の女子のみで親王や王などの男子が誕生しなかったので、女性天皇・女系天皇の是非を巡る皇位継承問題と将来の皇族不足と宮家の断絶による皇室活動の弱体化の懸念から女性宮家の創設問題が発生した。
森山真弓官房長官や太田房江大阪府知事が女性と言う理由で天皇杯を表彰できない大相撲の女人禁制の問題が注目された。

?女性に関する社会問題
モンスターペアレントが問題になる。
2000年代に、女性労働者の半数が非正規労働者となる。
中年のフェミニストの女性によって、篠田麻里子が初代区長だった福岡市カワイイ区構想が女性差別として問題となる。
2014年(平成26年)に東京都議会での塩村文夏(女性議員)へのセクハラ野次が社会問題となる。

?性犯罪や性的モラルの問題
フリーセックスやそれによる性病が増加して、ビッチであると批判されている貞操観念がない若い日本女性が急増する。
マタニティハラスメント・ドクターハラスメント・義父ハラスメントなどセクハラの概念が生まれた。
2000年(平成12年)以後、ストーカー犯罪の概念が成立して、女性の盗撮犯罪の被害が盗撮技術の進歩で多発する。
痴漢や、それによる痴漢冤罪が問題になる。
過剰な女性保護で、逆差別ではないかと指摘される事例も多くなっている(各種割引や雇用等)。
2003年(平成15年)の早稲田大学生を中心とするスーパーフリー事件を契機に強姦罪の内容に集団強姦などの条項が新設された。
痴漢問題の対策として、都市部に女性専用車両と2009年(平成21年)に埼京線に防犯カメラが導入された。
性犯罪対策として、性犯罪者に対する条例や性犯罪処遇プログラムや性犯罪者GPS監視の導入が検討される。
2004年(平成16年)8月に1990年代に滋賀県大津市の滋賀医科大学の産婦人科医の笠井寛司博士が大津市の女性患者8330人の女性器写真を無断撮影して著書として公開した女性器事典の医学書の日本女性の外性器―統計学的形態論(日本性科学大系 1)が発売される。
元交際相手や元夫などパートナーだった男性から別れた復讐としてインターネット上で元彼女や元妻のヌード写真を公開してばら撒くリベンジポルノが問題となる。2014年(平成26年)に公表罪(リベンジポルノ防止法)が成立する。
男子生徒との付き合いが苦手なために、女子校を希望する女子生徒が出てきている一方女子短期大学の不人気や少子化の進行から男女別学校の共学化が進んだ。

?女性アイドルと女性芸能人
1980年代後半から1990年代初期のバブル期まではバブル世代の女性を中心にアイドルブームの時期であった。団塊ジュニア世代の若い女性で3Mと呼ばれた(宮沢りえ・牧瀬里穂・観月ありさ)女優が活躍する。
バブル崩壊後の1990年代後半には、沖縄県出身の沖縄アクターズスクールや小室ファミリーなどの女性芸能人が活躍する。また、ポスト団塊ジュニア世代が中高生であった1990年代中期にはチャイドルと呼ばれたジュニアアイドルや当時ティーンエイジャーであった広末涼子(昭和55年生まれ)や、子役の安達祐実(昭和56年生まれ)が活躍する。
2000年代では団塊ジュニア世代までの女性芸能人でブームとなっていたヘアヌードが、ポスト団塊ジュニア世代以降の若い世代で下火となった。代わって、歌手のhitomiなどで注目された、妊婦ヌードがブームとなる。また、モーニング娘。などのハロー!プロジェクトの全盛期でもあった。辻希美(昭和62年生まれ)・山口もえ(昭和52年生まれ)などのママドルが活躍した。
2010年代では秋元康プロデュースのアイドルグループとして、国内では東京都秋葉原を拠点とするAKB48・愛知県名古屋市栄を拠点とするSKE48・大阪府大阪市難波を拠点とするNMB48・福岡県福岡市博多を拠点とするHKT48・新潟県新潟市を拠点とするNGT48・30歳前後の女性アイドルのSDN48が結成された。海外ではインドネシアジャカルタを拠点とするJKT48・中華人民共和国上海市を拠点とするSNH48・台湾台北市を拠点とするTPE48(予定)・東京都乃木坂を拠点とする乃木坂46など大人数の女性グループを初めとする各種アイドルグループが活躍し、「アイドル戦国時代」と呼ばれるようになった。秋葉系の(アキバ系アイドル)で、ローカルアイドルグループがブレイクした。
東日本大震災があった2011年(平成23年)以降の2010年代に、2004年(平成16年度)の同学年生まれの芦田愛菜・本田望結・谷花音・小林星蘭・鈴木梨央などの子役が活躍する。

?女性の政治史
1991年(平成3年)の芦屋市長選挙で、日本初の女性市長として北村春江が当選する。昭和時代までは男性首長のみであったが、以後平成期となって地方自治体に女性市長・女性町長・女性村長・女性区長などの女性首長が次々と誕生した。
2000年(平成12年)の大阪府知事選挙で、日本初の女性知事である太田房江が当選する。以後熊本県(潮谷義子)・千葉県(堂本暁子)・滋賀県(嘉田由紀子)・北海道(高橋はるみ)・山形県(吉村美栄子)・東京都(小池百合子)などの女性知事が誕生する。

?女性に関わる文化と流行
1989年(平成元年) - 2000年(平成12年)平成初期には昭和生まれ世代(主に昭和一桁から団塊の世代にかけての世代)のおばさんを指すオバタリアンが流行語となる。
バブル景気時代には、ジュリアナ東京やキープくん(アッシーくん、メッシーくん、ミツグくん)などの流行が生まれた。バブル期には(高学歴・高収入・高身長)の三高が女性の結婚条件の理想となった。
末期氷河期世代(ポスト団塊ジュニア)の女性は、ルーズソックス・アムラー・プリクラなどの文化を誕生させた。コギャルと呼ばれた若い女性が登場して(1978年(昭和53年度)生まれから?1982年(昭和57年度)生まれまでの女性はコギャル世代と呼ばれた)コギャル文化を形成した一方、ブルセラショップや援助交際が問題化するなど、性道徳の乱れが叫ばれた。
短大志向から四年制大学志向になる。
平成初期はボディコンやハイレグの水着が流行して、警察の取り締まりの緩和でヘアヌードが解禁されて女性の体や性の開放が行われた。宮沢りえなど女優や芸能人など有名人の間で陰毛が写っているヘアヌード写真集ブームが起きる。
テレビ出演によって田嶋陽子の知名度が向上して、フェミニズム思想が注目されるようになった。
中期氷河期世代(真性団塊ジュニア世代)以降の女性は、書き文字に丸文字(変体少女文字)を使わなくなった。ガングロやヤマンバギャルと呼ばれる派手な格好をしたり、1994年(平成6年)の流行語であるヤンママが若い女性に急増して、チョベリバなどのギャル語やギャル文字の渋谷系文化が誕生した。
成田離婚の急増が話題となった。
女子短期大学が4年制大学に移行するケースや、私立女子校の共学化が増加する。
不倫を題材とした渡辺淳一の小説『失楽園』(不倫の美化)がブームとなる。
新人類世代の女性が母親となり、短大卒以上の学歴[注 5]と高卒以下の学歴の家庭で、子供の教育格差がはっきりするようになる。
名前の付け方の価値観が変化し出す(特に悪魔ちゃん命名騒動以後)。しかし、DQNネームだと批判する者も増える(俗流若者論を参照)。女児に「子」がついた名前を付ける人が減る。
平成生まれの女の子は、昭和生まれ世代と比較して父娘愛を受けるようになり、父との親子関係が良い女性が増加をする。
2000年代(平成12年 - 平成21年)酒井順子の30代超・子供を持たない未婚女性を指す負け犬論争がブームになる。
2008年(平成20年)に、『Around40?注文の多いオンナたち?』をきっかけにアラフォーが新語・流行語大賞になり、アラ…(アラカンなど)という言葉が生まれた。
女性史である、篤姫・春日局など大奥を中心に女性向けの大河ドラマがブームになる。また、戦国武将や歴史に興味がある女性が増加して歴女ブームが起きる。
韓流ブームが中年女性を中心に起こり、韓国に旅行する人が増えた。
草食系男子・肉食系男子と同様に、女性の間でも草食系女子・肉食系女子など恋愛や性体験の積極さで判断する肉食・草食論が流行する。
日本で初めて開発されたヌーブラが販売されて、ヒット商品となる。
男性は肥満傾向だが、ダイエットブームで若い女性の体重が減少傾向となり、痩せすぎによる健康被害が問題となった。
バブル世代以後の女性を中心に勝間和代の信奉者であるカツマーが増加する。
航空不況の影響もあり、女性の花形産業がスチュワーデスから女子アナウンサー人気に代わる。女子アナウンサーとスポーツ選手の結婚が増加したことで、女性アナウンサーの結婚が玉の輿であると注目された。また、キャバクラ嬢が人気職業の上位になり、騒がれた。
有名人のできちゃった結婚が急増する。一般人の第1子に占める割合で、全体の2割 (20%) ができちゃった結婚となる。1979年(昭和54年)生まれの女性の2009年(平成21年)の30才時点で半数が出産未経験であり、晩産化が進行した。
綾瀬はるかが主演したドラマとなり、2007年(平成19年)にユーキャンの新語・流行語大賞の候補となったひうらさとるの漫画「ホタルノヒカリ」の主人公である雨宮蛍の普段の生活態度を表す「恋愛を放棄した20代?30代の(未婚の)女性」との意味合いがある干物女が流行語とある。
女性の結婚条件が3Cや(低姿勢・低依存・低リスク)の三低が理想の結婚相手となる。
女子中高生の靴下はルーズソックスが衰退し、代わって紺色ハイソックスが主流となる。
彼氏レンタルサービスを受ける女性や出会い系サイトや出会い喫茶を利用する女性が急増した。
坂東眞理子の「女性の品格」がベストセラーとなる。
プチ整形の普及により、容姿にコンプレックスを抱く女性が美容整形を利用する敷居が低くなり、コンプレックス産業として美容整形産業が成長した。
女性の容姿に対して広く使用されている美人・美女・美少女・ブス・不細工以外にも、男性にも容姿が好ましい男性(美男子)を指すイケメンや気持ち悪いと思う男性を指すキモメン、容貌が好ましくない男性に用いるブサメンといった言葉が生まれ、男性の美形価値も重視されるようになった。
2010年代(平成22年 - )2010年(平成22年)に女子会が新語・流行語大賞のトップテンに選ばれて、流行となった。
東日本大震災以降に孤独への不安から絆重視となり女性の結婚観が変化した。2011年(平成23年)4月からブライダル産業への申込をする女性が急増する。
恋愛面ではカレログが話題となり、恋愛ゲームにはまる女性が急増して、女性による彼氏追跡アプリが男性のプライバシー侵害として問題となった。
渋谷に住み着く渋谷ギャルと原宿に住み着く原宿ガールが注目された。森ガール・寺ガール・山ガールなどの趣味を持つ女性が注目された。JS(女子小学生)のファッションが注目された。
主婦の間でカット野菜などの「スマカジ」がビジネスとなる。
栃木県宇都宮市発祥の地域おこしの目的と男女の出会いを推進するコンパの街コンがブームとなった。
女子高生などが過激な衣装を露出して接待するガールズ居酒屋が急増する。
結婚相手の条件に年収や外見は平均的で性格も平穏な三平が男女ともに人気を集めるようになった。
人気がある20代の若手女子アナウンサーが少なくなり、30代の女子アナの退社が相次ぎ、給料の減額などのリストラで女子アナブームが終焉した。
実の娘との関係が悪い母親の意味がある毒母が注目された。
小保方晴子を代表とするリケジョ(理系女子)ブームが起きた。


東洋思想から見るアキバ


アキバ新館
フレッシュ!フォトセッションにて

こう見えて彼女は21歳です(^^)

?に続きます…



[広告] 楽天市場


  • ☆[秋葉原発!] 「秋葉原☆限定 あなたたち!ロシアンルーレットクッキーをどうぞ」☆  アキバみやげ♪♪

  • セーラー服コスチューム 全7色 【tkp499】女子高生 制服 半袖 カラバリ M L 4L メンズ 男性用 ももクロ JK コスプレ 前ファスナー 宴会 アキバ ライブ 余興 イベント 赤 ネイビー 緑 黄 ピンク 紫 【RCP】

  • 学生服やメイド服に☆ソックス【wlc018 】売れ筋 女子高生 制服 セーラー服 メイド服 ルーズソックス コスチューム コスプレ コスプレ衣装 衣装 AKB アキバ セクシー cos 学生服小物【RCP】

  • 【松勘】剣道着 アキバ剣道衣 メッシュ 紺/晒 KG-700AK/KG-800AK 上衣単品●00号/0号/1号/1.5号/2号/2.5号/3号/3.5号/4号/4.5号/5号■剣道衣■一重アキハ織剣道着■ネーム刺繍■MATSUKAN

  • 程よく薄手で着膨れしない、Barbie スクールベスト 【TKP493】ベスト ニット 女子高生 制服 バービー ブランド コスプレ 宴会 余興 アキバ JK ネイビー ピンク ホワイト ベージュ 紺 白 茶 綿 通学 【RCP】

  • おそろいでいかが、プリーツスカート 【TKP158】売れ筋 スカート プリーツ チェック スクール 女子高生 制服 ももクロ セーラー服 コスチューム コスプレ M L 衣装 余興 アキバ セクシー J K イベント カラバリ 【RCP】